新卒2年目で鉄鋼商社を退職し、大手メーカーに転職する話

9月末に1年半勤務した鉄鋼商社を退職しましたので、

忘備録として残しておきたいと思います。

営業職の23歳、関西出身です。

スポンサーリンク


 

退職の理由

①ものづくりがしたくなった

商社の仕事はものを安く買って、高く売ることで、

もの自体は作っていないです。(技術商社という自社工場でものづくりをしている会社もありますが)

所謂デリバリー業務をやっているうちに、ものを運ぶだけではなく自分で作る工程に携わりたいと思うようになりました。非常にべたな理由ですが、、、

都会のど真ん中で、世界中の仕入れ先・顧客とメール電話で調整を続ける日々にやりがいはありますが、

監査や立ち上げなどで海外工場に行くたびに現場の工場で働きたいなあと思うようになりました。

 

②現職に将来性を感じなかった

周りの先輩方を見回しても、2年目である当方と同じような仕事をしています。。

このままこの会社にていてこれ以上の成長はあるのかなと思うようになりました。

それなりに高い給料を頂いており、待遇には満足していましたが

これから先の長い社会人生活を考えた際に、この会社でしか使えない人材にはなりたくないと思ったのが、最終的な理由です。

転職先のメーカーについて

知名度のある大きな会社です。

主に下記4点を軸に転職活動を行いました。

下記4点を満たす会社を3社リストアップし、企業のウェブサイトから直接応募する形で転職活動を始めた形です。

端折りますが、順調にすすみ3週間ほどで内定を頂き、現職を退職することになりました。

・関西圏で勤務可能

・若くから駐在に行ける

・希望職種で募集がある(営業ではなく、製造にかかわる職種)

・希望の給与面での待遇を満たす

転職活動をやってみて

思ったより、すぐに決まったなと。

売り手市場はまだ続いているのか、書類は3社とも通りました。

ただ、1年目のタイミングでも同じように転職活動を行なった際は結構書類で落ちてます。

個人の感想ですが、十分に仕事ができるようになった2年目以降での転職は、

1年目で行うよりも受かりやすいのかなあと思います。

 

 

 

 

Please follow and like us:

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です