【Bird BOX-バードボックス】Netflix史上最も視聴された傑作映画!!

スポンサーリンク

バードボックス

本日は、最近テレビCMで毎日のように宣伝されている映画「バードボックス」について考察したいと思います。

この映画、なんとNetflix史上最も視聴回数を稼いだ映画なのです!(公開後7日間の統計)

2018年12月21日に公開後、45000万を超えるNetflixアカウントより視聴されているとのこと。

それだけ、注目度の高い映画ということが伺えますね。

あらすじ

ある日突然起きた謎の異変により、”それ”を見るだけで死んでしまう混沌の世界。

生き残るためには謎の”それ”がはびこる外には出ず、決して“ それ”を見ないこと。

命からがら逃げ出した主人公マロリーは、数年後に母親となり、より安全な場所を求めて子どもたちと目隠しをしての旅にでます。

極寒の冬の中、目隠しをつけたまま大自然を駆け巡り、川を下ることに。。果たして、安住の地を見つけることができるのでしょうか。

考察

各地で謎の 死があいつぎ、それが自分の住む町にやってきたと考えるだけでもめちゃくちゃ怖いです。

その崩壊しかけの世界でマロリーと生き抜く2人の子どもがいるのですが、マロリーは名前を付けずBOY/GIRLと呼ぶんですね。

幼い子供の命を守ることで精一杯なマロリーの気持ち、

そして名前で呼んでもらえない子供たちの悲しい気持ち、に板挟みされているようで見ていて悲しくなりました。

強い子供に育てる為に、あえて愛情を見せなかったのでしょう。

安住の地に到着後、マロリーが初めて母親の笑顔を見せ子供に名前をつけたシーンにはホットしました。

家族ってやっぱりいいなあと改めて思いましたね。

関係ないですが、僕も実家にはできるだけ帰って親に顔を見せようと思いました笑

今日はこのあたりで!ではまた!

 

 

 

 

Please follow and like us:

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です