ドラマ・映画ブログなのに、ゲイ記事のアクセスが一番多い件

スポンサーリンク

ドラマ・映画メインのブログを始めてはや4カ月強がたちました。

2月から5月の3カ月間、さぼっておりましたが定期的にチェックしていたのがアクセス数を確認できるアナリティクスです。

4カ月間ブログを運営して感じたことをまとめようと思います。

映画ブログよりゲイブログのほうが儲かるのではないか

4カ月ブログをやってみて思ったことです。

ゲイ記事の需要はすごいなと。

ドラマ記事メインで約20記事を公開しておりますが、一番アクセスが多い記事が大阪のハッテン場として有名な新世界国際地下劇場の訪問レポです。

【新世界国際地下劇場】一人で大阪のレトロ映画館に行ってみた結果・・・【ハッテン場だった!?】

同じようなブログ記事はけっこう見かけるんですが、なぜか私の記事が「新世界国際地下劇場」というワードでSEO1番になっています。

どんな記事であれ、自分の書いた文章をたくさん読んでもらえるのは嬉しいですね。

ちなみに私はストレートで彼女もおります。。

20記事のアクセス内訳

ある一日のアクセスの内訳ですが、ゲイ記事が80PV。

次に多い記事が下記のドラマ記事で24PVです。

圧倒的な差がありますよね。(ゲイ記事含め、どの記事もアクセス少ないのは触れないでください)

リバーデイルで死んだキャラクターをまとめてみた【RIVERDALE】

なぜドラマ・映画記事のPVが少ないのか

考えてみたんですが、完璧に私の実力不足ですね。

面白さ・オリジナリティがないので、他のブロガーさんの記事に埋もれてしまっているのが現状です。

あらすじやキャスト紹介の記事は、ドラマ・映画の放映開始時はPVが多いのですが、時間が経過するにつれPVが少なくなってきています。(あたりまえのことですが)

上記にリンクを掲載した「〇〇で死んだキャラクターをまとめてみた」のように、他ブロガーさんと被らない内容かつ・定期的に見ていただけるような記事をもっと書く必要があるなあと感じました。

また、当ブログへの流入の99%がオーガニック検索なので、SNSからの流入増をめざしてもっと発信することも課題です。

これからもゆるくやっていこうと思います。

Please follow and like us:

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です