映画【パラダイス女子刑務所】あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【Locked Up】

スポンサーリンク

パラダイス女子刑務所、邦題とジャケット画像に惹かれて視聴してみました。

パラダイス女子刑務所 [DVD]

しかし視聴してみると・・・

キャスト

役名俳優/女優名備考
マロリーKelly McCartアメリカ人の主人公/タイの高校に通う
トミーJared Cohnマロリーの叔父
ネニータChristiana Chaiwannaマロリーと同じ高校に通ういじめっ子/タイ人
カトリーナKatrina Grey収容者/マロリーのセルメイト/アメリカ人
スーチンKat Ingkarat収容者/マロリーに戦いを教える/タイ人
リザAnastasia Maslova収容者のボス的存在/アメリカ人
所長Maythavee Weiss矯正施設の卑劣な所長

あらすじ

家庭の事情でタイの高校に転校したアメリカ人の女子高生マロリーがヒロイン。
金持ちの父親と喧嘩別れでもしたのか、タイに住む叔父の豪邸で暮らしています。

同級生ネニータからのイジメに耐えかね相手を殴り返したところ、タイの女子矯正施設に入れられました。

矯正施設とは名ばかりで、実際は女性所長が思いのままに牛耳る”刑務所”のような場所。
マロリーは入所後すぐに、同じ収容者であるリザからのイジメや3人の看守によるレイプを経験します。

耐えかねたマロリーは自殺を図るも未遂に。

その後同じセルメイトのカトリーナや、ジムで鍛えているスーチンの協力を得、身体を鍛えることを決意します。

所長から囚人同士で殴り合いのバトルを強要され、、、

結末

毎日ジムでトレーニングをした結果、収容者の女王的存在であるリゼとの殴り合いに勝利します。

そしてナイフを掴み、所長を人質にとり、他の収容者も巻き込み施設から脱走します。

カトリーナとアメリカ大使館に向かうところで映画は幕を閉じました。

考察

あらすじだけを見るとそこそこ面白そうかもしれませんが、

ヒロインのマロリーがお世辞にも可愛いとは言えず残念な作品です。。

セクシーシーンが多々あります。しかし、三段腹・垂れた乳房の女子高生は見ていられないです。

収容所でマロリーと同部屋のカトリーナはかなり可愛いく、ヒロインがカトリーナであればもう少し楽しみながら見ることができたかなあと思います。

ただ、タイを舞台ににした映画はめずらしく新鮮でした。

収容所というタイの中の小さな世界を描くのではなく、タイ人の日常や考え方をもう少し見たかったです。

総じて、まあまあの映画でした。

 

Please follow and like us:

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です