フィリピン・モアルボアルの隣町で狂犬病の注射をしてきた(セブ・バディアン編)

フィリピンのモアルボアル滞在中に2回目の狂犬病のワクチン注射をしてきましたので、
病院の紹介をしていきたいと思います。

野良犬に噛まれた傷はだんだんと消えてきています。

モアルボアルには個人病院しかなく、オスロブでの破格な請求を経験した僕は隣町バディアン(badian)の公立病院へ行きました。

badian  district hospitalという病院です。

モアルボアルの中心地からバイタクで30分、200ペソ(400円)です。

フィリピンで野良犬に噛まれたので狂犬病の注射してきた(オスロブ編)

公立病院の対応

個人病院に比べると質が落ちるのかなあと危惧していたのですが、

全くそんなことはなかったです。

まあ注射打つだけなんですが、日本の対応とも遜色ないです。

当方、1回目の病院でspeedaというワクチンを接種されたのですが、

こちらの病院で接種するためには患者本人が薬局でワクチンを購入してから来院する必要があるとのこと。

早くセブに帰りたかったということもあり、他の患者さんのワクチンを当方に回してもらうことに、。

この場合、レシート出せないよと言われ、?でしたが了承しました。

公立病院の狂犬病注射の値段

ズバリ1500ペソ(3000円)。

日本(15000円)や前回の個人病院(6000円)と比較するとかなり安いですが、

少しぼられたかなと感覚的に思いました。

次回は4日後にセブ島で最後の注射を受けるのですが、

ここやすいよーと病院を紹介してくれました。

セブだと一回1200ペソ(2400円)ほどのようです。

フィリピンで狂犬病の注射をされる際は、お手頃価格なセブシティ 内で接種するほうがいいですね。

では、今回はこへんで。

Please follow and like us:

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です