ストレンジャーシングスで死んだキャラクターをまとめてみた【Stranger Things(s3)】

目次

スポンサーリンク


 

全世界で大人気のドラマ「ストレンジャーシングス/Stranger Things」。
現在Netflixにてシーズン3まで放映されております。

今回は、追悼の意を込めて、シーズン3の間に死んでしまった登場人物たちをご紹介していきたいと思います。
シーズン1にてバーブ(Barb) シーズン2にてボブが死んでしまったように、SF要素満点の本作では死者はつきものですが今回は特に悲しいです。

シーズン3

ドクター・アレクセイ(Dr. Alexei)

Hawkins Fun Fairにてロシア人ヒットマン・グリゴリ(Grigori)によって殺されてしまいます。

お祭りに夢中になり、仲間から外れ一人になったタイミングで運悪く死んでしまいます。

ロシア人の研究者でありながら裏切り、ジムやジョイスに協力した結果ですね。。

グリゴリ(Grigori)

こいつがそのグリゴリ。

憎たらしい顔をしていますね。最終的にはホッパーに殺されます。

ビリー(Billy Hargrove)

そして、今回一番悲しいのがビリーの死です。

Mind Flayerに取りつかれてしまったビリー。最後の最後で自我を取り戻します。

Mind Flayer本体がエルに襲い掛かるタイミングで素手で立ち向かい、胸に大きな穴が開くほどの傷を受けました。

最後に妹マックスに放った Im sorryに泣いてしまいました。

ジム・ホッパー(Chief Jim Hopper)

最後はジム。

ロシア人が開発した、異世界への壁をこじ開けるマシン(上記写真)を破壊するために、ロシア人基地に潜入したジョイスとジム。

スイッチを押すだけでマシン破壊となったタイミングで、グリゴリの邪魔を受けてしまい、マシンの傍でジムとグリゴリが戦います。

ジムが見事グリゴリを殺すのですが、ジムがマシンの傍から脱出する前にジョイスがマシン破壊のスイッチを押してしまい、大爆発とともにジムは死んでしまいます。

ジョイスもうちょっと待ってあげれたでしょ。。。

最終話の終盤では、ジムの死体も見つからなかったのでしょう。

ジョイスやエルなど一同が悲しんでおり、あたかもジムが死んだ演出になっていますが間違いなくジムは生きています。

エンドロール後のロシア基地でのワンシーンがその裏づけです。

ロシアの悪い人?が、基地で飼っているMind Flayer?に餌?生贄?をやる場面で、「No Not the American」と言い、代わりにロシア人捕虜を生贄に差し出すのです。

爆発のタイミングで逃げたもののUpside Downに入り込んでしまい、ロシアにつかまったのか。。

次回のシーズン4では彼が新たなMind Flayerになるのでしょうか。。。

謎が深まるばかりですが、シーズン4をゆっくり待とうと思います。

まとめ

他死んでしまった脇役たちにも追悼をお祈りいたします。

Heather Holloway
Tom Holloway
Bruce
Mrs. Driscoll

やっぱり、ナンシーを馬鹿にしたブルースだけは許せません。

では、このへんで!

Please follow and like us:

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です